2009年01月25日

Goodbye Yellow Magic Submarine (11)

 それは、巨大な光の束だった。
 そいつがやって来て、僕が見つめ続けていた真っ暗な闇を一瞬にして消し去った。
 巨大なスポットライトの光りが右から、左から、そして、真後ろからも発せられ、つい先程まで、少年のいたあたりを照らし出している。
 そして、どこか遠くの雲間から、ゆっくりと近づいてくる遠雷のような低いうなり。
 それが響き始めると同時に、膨れ上がるように大歓声が沸き上がり、僕をすっぽりと包み込む。
 これまでステージ全面を蔽うように設置されていた巨大なスクリーンは消え去り、赤・青・黄色のスポットライトがステージ上に置かれた巨大な箱を照らし出している。
 照らし出された巨大な箱。
 赤・青・黄色で色分けされた三つの巨大な箱は、いぶされ鈍い光を放つ鋼鉄で枠組みされとても頑丈そうに見える。
 人影のないステージの上に三つの巨大な箱だけが並び、赤・青・黄色に着色された三本のスポットライトがその巨大な箱を浮かび上がらせる。

To be continued.

ランキングに参加しています!!
投票お願いします。↓
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ


転職ならDODA

派遣なら@ばる

薬剤師 転職

フコイダン

コンタクトレンズ

オンラインゲーム

資格

プロバイダー 比較

プロバイダー







posted by mac326 at 14:41| ☁| Comment(0) | GYMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。