2009年01月16日

Goodbye Yellow Magic Submarine (09)

いま、透明なガラスの部屋が接合した、巨大なガラスと鏡でできたキューブの集合体が無数の電飾光線を孕んで浮かび上がる。
 もっと、もっと加速度を増して、遠ざかってゆく、僕の、と思われる視点。
 もはや、少年の姿は幻惑の光の渦へと巻き込まれ、僕には見えなくなっている。
 いま、僕の目に映るのは、数限りなく、光り輝く同型のガラスと鏡でできた部屋が接合された巨大なキューブの集合体。
 それが、僕の、と思われる視野の端から端までをいっぱいに覆い尽くす。
 なおもスピードをあげ、そこから遠ざかってゆく僕の、と思われる視点。
 数限りなく並んだ光り輝くガラスのキューブも段々と小さくなってゆく。
 そして、僕の、と思われる視野の中には、右の端からゆっくりと暗い空間が見え始める。
 やがて、僕の視野を被う暗い空間の中にガラスのキューブの集合体を覆う巨大なクリスタル製ドームが浮かび上がってくる。
 すべての光りを吸収しながら、すべての音を反射しながら、クリスタル製ドームは滑らかに光り輝く。
 ドームの頂点になにかが見え始める。
 なんだろう。なにが見えてくるのだろうか。
 ゆっくりと舐めるようにして、ドームの表面に沿って移動始める、僕の、と思われる視点。
 やがて、僕に見え始めるのは、黒色とオレンジ色で構成されたイルミネーション。
 クリスタル製ドームの頂点に描かれたオレンジ色のちいさな円、そして、それを囲むように配置された60度角の三つの扇型、それらのまわりを黒色で塗り潰された円形の大きなイルミネーション。
 小さなころから見慣れた鮮やかに目に飛び込むあのマーク。

To be continued.

ランキングに参加しています!!
投票お願いします。↓
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ


posted by mac326 at 18:31| ☁| Comment(0) | GYMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。