2009年01月05日

Goodbye Yellow Magic Submarine (04)

 男共の姿は、僕からは見えないが、男共のつくりだす低いうなりに似た音は、依然、続いている。やがて、男共のつくりだす音は、油の切れかけた機械から発せられるようなギクシャクとした不快な、歯軋りのような耳障りな音に変化していく。
 そして、僕があらためて少年の姿を見直すと、彼と僕とがつくる位置関係は信じられないくらいに変化していて、僕はいま彼の頭上2メートルばかりのところにいる。最初のうち、現れた少年のみせる動きは、単に彼の体の筋肉を緊張させたり、弛緩させたりしているにすぎないと思っていたが、男共から発せられているギクシャクとした音が確実にある一定の方向に向かって集中しているのだということが解ってくると、少年のみせる動きもその音と同一の方向に向かったものであることに気付き始めた。
 それと同時に、最初、なんの意味も持たず気ままに発せられていると思っていたパルスも、ギクシャクとした音の隙間を縫うようにして、他のパルスと微妙に絡み合っていることにも気付き始めていた。

To be continued.


ランキングに参加しています!!
投票お願いします。↓
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
posted by mac326 at 05:56| ☁| Comment(1) | GYMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。
Posted by magazinn55 at 2009年01月05日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。