2009年01月04日

Goodbye Yellow Magic Submarine (03)

 少年・少女たちに囲まれている男共のうちの一人は、その頭を斜に窮屈に傾け、口を大きく開け、強張り引き攣った顔つきで、叫び始めていた。その仕草はヒステリックで必要以上にせわしなく、少年・少女たちのいらだちを高めるかのようだ。男共。男共がすべての耳を劈く轟音をつくりだす。この男共の目的。この男共の目的はなんだろうか。僕は考え始める。
 すると、その瞬間をまるで待っていたかのように、男共のつくりだす轟音は、徐々に低いうなりのような音に変化してゆき、大勢の少年・少女たちと男共の姿も一瞬のうちに消え去ってしまう。そこには、男共がつくりだす低いうなりのような音だけが残される。そして、一人の少年が現れる。少年は黒い布で目隠しされ、口には猿轡をかまされ、そのうえ、ガムテープで頑丈に塞がれている。
 彼も、先程までの少年・少女たちと同様に15・6歳のようだ。彼の頭髪は、不揃いにとても短く刈り込まれ、ところどころには瘡蓋のついた頭皮さえ見えていた。彼の体は、痩せ細り、青白く、寒さと恐怖からか、小刻みに震えがきている。
 そして、彼の置かれた部屋。その部屋は、四方の壁面すべてと上部がガラスで囲まれ、床面にあたる下部が鏡になったキューブ状のものであり、眩いばかりの電光により照らし出されている。

To be continued.


ランキングに参加しています!!
投票お願いします。↓
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ

posted by mac326 at 09:23| ☁| Comment(0) | GYMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。