2010年01月10日

Goodbye Yellow Magic Submarine(14)

少年・少女たちの歓声は一段と高まり、五番目の男が、やっと、その姿を巨大な黄色い箱の中から現した。
リーダー格と思えるこの男も、他の四人がそうして見せたように、いかにも気怠げに、箱の中から抜け出すと、巨大な旧式マイクロフォンを前にして、正面を向き、横一列で整列した四人の男共の真ん中へと入り込む。
いま、銀色に輝く巨大な旧式マイクロフォンを前方に仰ぎ、五人の男共は横一列となってきれいに並んでいる。
僕はプログラムし、そして軽くボタンに触れる。
心地よい音が僕の周りで連続して起こり、スピーディーな一連の動作が繰り返される。
彼ら五人の男共は、揃いの黄色い旧式の放射能防禦服―――あるいは、単に特殊樹脂で強化された簡易作業服かなにかかも知れないが、表面が濡れたように滑らかに輝き、上下続きとなっただぶつき気味のスーツだ―――を着込み、これも旧式の強化ガラス製ゴーグルと酸素吸入装置とが一緒になった物々しいマスクをつけている。
男共は、一様に腕を後ろに組み、幾分胸を張った直立不動の、滑稽にさえ見える姿勢でもって、何かを待っている。
やがて、着色されたスポットライトの光はひとつずつ順に消され、いま、五人の男共の姿はステージに備え付けられた小さな照明装置からの光だけで浮かびあがっている。

To be continued.



ランキングに参加しています!!
投票お願いします。↓
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ


転職ならDODA

派遣なら@ばる

薬剤師 転職

フコイダン

コンタクトレンズ

オンラインゲーム

資格

プロバイダー 比較

プロバイダー
ラベル:GYMS
posted by mac326 at 11:26| ☁| Comment(26) | GYMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。